Event is FINISHED

文芸カフェ 第10回「個性的な文体の魅力」(2020-6-27)

Description

ご注意

コロナ ウイルスのため、本イベントはオンラインで実施します。方法はこちらで説明しています。
当日の参加方法は申し込みされた方にご連絡します。入退場は自由です。
主宰者からの連絡は必ずご確認いただくようお願いします。


概要

文芸カフェは、いわゆる哲学カフェと似ていますが、文学・芸術・映画・海外ドラマなどに含まれるテーマについて語りあう、月に一度の集まりです。クリエイターと読者・視聴者の両方が参加し、それぞれの立場から対話します。5~6名のグループに分かれて議論し、途中で席替えをします。詳しくはこちらでご説明しています。https://YashimaYugen.com/lac10-202006/

今回のお題

三島由紀夫や村上春樹の小説のように、一行読めば誰が書いたか分かる文章があります。視点、言い回し、描写密度、語彙、比喩などに特徴があり、それが作品の魅力となっていることがあります。会話部分にその特徴が現れることもあります。またミステリー、ハードボイルド、SF、ラノベなどジャンルに特有の書き方があることもあります。

文体とは何でしょうか。個性的な文体を持つ作者や作品にはどのような魅力があるでしょうか。書き手はどのように個性的な文体を見つけていくのでしょうか。小説の映画化や漫画化での「文体」はどうなるのでしょうか。文体練習、パスティーシュ、共作などについても考えてみましょう。

今回は前回に続いてオンラインでの実施です。特に紹介したい作品がある人は現物(紙の本の場合)、あるいは画像や動画のリンクをご用意ください。文芸カフェでこれまで扱ったテーマはこちら


参加資格と注意事項

予備知識は不要で、どなたでも参加できます! 学生も歓迎。SFや科学知識に詳しくなくても発言者が説明するのでだいじょうぶです。必要なのは好奇心だけ。

参加できなくなった場合は原則3日前までにお知らせください。宗教・ビジネスの勧誘目的の参加はお断りします。


主宰

小説家・八島游舷。
プロフィール:「天駆せよ法勝寺」で第9回創元SF短編賞受賞。「Final Anchors」で第5回日経「星新一賞」グランプリ、「蓮食い人」で同優秀賞をダブル受賞。
https://yashimayugen.com/about

参加費

今回無料です。


時間

15:30~18:30で、その後おそらくオンライン懇親会があります(参加は任意)。そのまま各自、飲み物・食べ物をどうぞ。

今後の予定

ゆうげんメルマガでお知らせします。関心のある方はご登録をお願いします。
Sat Jun 27, 2020
3:30 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
無料チケット FULL
Organizer
八島游舷
97 Followers